読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グラグラを引き継いだ(奪った)ティーチが最強じゃないの?と思われるかもしれません。しかし、ティーチは白ひげを見てきていることもあり、たぶん私の考えるグラグラの本来の力と幅広さをわかっていないと思います。海軍から『世界を滅ぼす』と言われていたグラグラの実、その本来の力は揺らす・振動させる能力だと原作を読んでいるとわかります。戦闘でも対人 戦で地震エネルギーとして相手に打ち込んでいるような表現でしたが、実際は「振動エネルギー」を打ち込んで いたんだと思います。その点に気が付けば、グラグラの幅広い使い方がわかってくるでしょう。固有振動をコントロールできれば、壊したいものだけを壊すこともできるますし、音だって空気の振動です。そのあたりにティーチが気づいて能力を訓練していれば・・・確かに、彼が最強でしょう。

ならばなぜ、私がサボを最強に押したのか。それは彼が『義兄弟のエースが持っていたメラメラを受け継いだ』ということ。そして、『メラメラが出せる最高温度は本来赤犬の【マグマグの実】を超えている』というところです。頂上戦争時、火ロギアであるエースが逆に赤犬に焼かれたとき、彼が言った「わしは火を焼き尽くすマグマじゃ」という言葉。私は、マグマは火の上位存在のような扱いをされていることに不満を持っており、自分で少し調べました。するとマグマの最高温度は大体6000度。これは例えるならば、太陽の表面温度がこれぐらいだそうです。対して火は『太陽と同じぐらいの熱量が出せる』とあります。太陽の熱用とは表面温度6000度から中心温度数千万度と途方もない熱量になるそうです。ではそれほどの高温を出せるはずのメラメラがなぜ負けたのか?これは申し訳ありませんが、エースの修行不足だと思います。捕らえられる時も、「ロギア能力者は防御をおろそかにしすぎる」などと言われ深手を負ったエース。彼が白ひげの半分ぐらいの人生を過ごしていれば、太陽の温度を使いこなしていたかも知れません。少なくとも赤犬に負けることはなかったと思います。そんな思いもあり『兄弟の力を受け継いだ責任感』と『敵である赤犬への想い』、これらが彼をより強くすると、私は予想をしているのです。以上の考察から、私があげる最強はサボになります。

 

最強の海賊:エドワード・ニューゲート
いわずと知れた元四皇通称「白ひげ」。最強の海賊と聞いてほかの人はゴール・D・ロジャーや現四皇黒ひげ(マーシャル・D・ティーチ)を思い浮かべるとおもいますが、私は断然白ひげです!彼の船長として、また漢としての器の大きさは一番でしょう。

器の大きさを魅せられる場面として、自分の命を狙うエースを息子として受け入れるシーン。あれはいい話です。兄弟以外で初めて、心の奥底から信頼し、また理想の父として尊敬するエース。その後裏切者のティーチを追い海軍に捕まったエースの「おやじ…!みんな…!おれは忠告を無視して飛び出したのになんで見捨ててくれなかったんだよ!おれの身勝手でこうなっちまったのに…!」という後悔の言葉対して「いいやおれは行けと言ったはずだぜ、息子よ」と話笑みを浮かべて言い放つ白ひげ…こんなオヤジならどこまでもついていくぜ!

頂上戦争のとき、智将センゴクの企みがなければ、きっと違った未来があったと思います。彼の最後の言葉「ワンピースは実在する!!!」・・・かっこよかったですね~~。海賊王ゴール・D・ロジャー、彼の処刑で始まった大海賊時代。その第二幕を開けたのは、奇しくも戦友で最大のライバルであった男、白ひげエドワードニューゲートのこの一言だったのですから、ここで大海賊時代の世代交代をファンに印象付けました。

 

強大な力を持つウルトロンとの戦いでクイックシルバーが死に、苦戦したのですが、なんとかアベンジャーズが勝利します。事件後ニューヨーク州にS.H.I.E.L.Dの施設が建てられ、そこではキャプテン・アメリカが中心となってアベンジャーズの新しいメンバーの訓練が始まります。

アベンジャーズのメンバーでトニー・スターク、ハルク、クイックシルバー、ソー、ホークアイが抜けて、新たなるメンバーがスカーレット・ウィッチ、ブラック・ウィドウ、キャプテン・アメリカ、ヴィジョン、ファルコン、ウォー・マシンになると思います。抜けるメンバーがいて悲しいですが、新しいメンバーのこれからの活躍に期待しましょう!

エンドロール後のシーンではサノスが出てきます。サノスはインフィニティ・ガントレットを持って「自分が出ていく番だ」と言っています。エンドロールのところはMARVEL作品を見るときはいつも楽しみにしています。次回作の『インフィニティ・ウォー』では、おそらくアベンジャーズの新たなるメンバーとサノスの戦いが繰り広げられるのでしょう。公開はまだまだ先ですがすごい楽しみですね!公開される前に他のMARVEL作品も見ておくとより一層楽しめると思います。

 

アベンジャーズは、ヒドラの残党バロン・フォン・ストラッカーが極秘裏にロキの杖を使い人体実験を行っていることを掴み、東欧ソコヴィアの研究施設を襲撃する。市民たちを守るためスタークは、鉄の軍団アイアン・レギオンを呼び寄せた。ヒドラアベンジャーズの襲撃に対し、人体実験で特殊能力を得た双子のワンダとピエトロを解放し、アベンジャーズと対峙させる。ピエトロは森からアベンジャーズを襲い、この戦いでバートンは怪我を負った。

スタークとロジャースは、施設を守る防壁を突破した。施設内に難なく侵入できたロジャースは、ストラッカーを見つけ逮捕することに成功する。スタークは、アーマーを脱いで施設内のデータを収集しながら秘密の通路を進んでいると、ロキの杖を発見することができた。しかし、背後から忍び寄ってきたワンダによって幻覚を見せられることになる。幻覚の世界では、アベンジャーズの全員が戦いに敗れ死に絶えていた。瀕死のロジャースはスタークに「君ならこの世界を救う事が出来たのに、なぜ諦めた」という言葉を残して息絶えた。幻覚から解放され、スタークはロキの杖を手に取り、アベンジャーズはニューヨークに帰った。

帰還したスタークとバナー博士は、持ち帰ったロキの杖の先の宝石に人口知能らしきものがあることを発見する。スタークはこれを使った「ウルトロン計画」を発案した。それは、人工知能を使った平和維持システムだった。ある夜、人口知能が自我に目覚め、地球を救うためには人類を抹殺しなければならないと信じて、世界を破壊しようとアベンジャーズの抹殺に乗り出すことになる。

 

映画エイジオブウルトロン1

アベンジャーズとは、マーベルより発売されているアメリカンコミックスに登場するヒーローチームのことである。このアベンジャーズは、「それぞれ違う能力を持ったヒーロー達が協力して戦う」というコンセプトの元、すでに個別で活躍していたヒーロー達によってに結成されたチームである。以来、マーベル・ユニバース最大のヒーローチームとして人気を博している。

このチームには他のチームにはない最大の特徴がある。その特徴は「ヒーローであれば誰でも参加できる」ということである。そのため、個人で主役を張るタイトルを持っているようなメジャーなキャラクターからマイナーなキャラクターまで、非常に膨大な数のヒーローが在籍している。チーム集合時の掛け声となっている「Avengers Assemble」はチームを象徴するセリフである。この掛け声の意味は、アベンジャーズ集合という意味である。

・トニー・スターク(アイアンマン)      
ロバート・ダウニー・Jr

スティーブ・ロジャースキャプテンアメリカ) 
クリス・エヴァンス

・ブルース・バナー(ハルク)           
マーク・ラファロ

・ソー                        
クリス・ヘムズワース

・クリント・バートン(ホークアイ)        
ジェレミー・レナー

・ナターシャ・ロマノフ(ブラック・ウィドウ)   
スカーレット・ヨハンソン
・ニック・フューリー                 
サミュエル・L・ジャクソン

・マリア・ヒル                    
コビー・スマルダーズ

・ウルトロン                     
ジェームズ・スペイダー

・ワンダ・マキシモフ(スカーレット・ウィッチ) 
エリザベス・オルセン

・ピエトロ・マキシモフ(クイックシルバー)   
アーロン・テイラー=ジョンソン

・バロン・フォン・ストラッカー            
トーマス・クレッチマン

・ヴィジョン                      
ポール・ベタニー
・ジェームズ・ローディ・ローズ          
ドン・チードル

・サノス                        
ジョシュ・ブローリン(声・モーションキャプチャー

・サム・ウィルソン(ファルコン)          
アンソニー・マッキー

・ペギー・カーター
ヘイリー・アトウェル

ヘイムダル
イドリス・エルバ

・エリック・セルヴィグ
ステラン・スカルスガルド

・ドクター・リスト
ヘンリー・グッドマン

・ローラ・バートン
リンダ・カーデリーニ

・ヘレン・チョ
キム・スヒョン

ユリシーズ・クロウ

アンディ・サーキス